Linux8Weeks03-03 Apache2.4ソース版の設定

前回の講座ではソースコードからコンパイルしたApache2.4をsystemdを使って起動させました。

多くの塾生がこの時点で1000を超えるコマンドをタイプしています。この講座で紹介したコマンドは20から30くらいでしょうか?

それほど多くはありませんが、皆さんが真剣に受講しているのかが伺えますね!

サーバーにログインしてコマンドを打ったり、viでファイルを編集したり、コンパイルしたり、2週間前まではこんなことできるなんて想像していなかったのではないでしょうか?

もう立派なエンジニアですよ。自信を持ってくださいね!

今回の講座は、Apacheのセキュリティ対策と先を見据えたプロ仕様に仕立てていきます。

このページの閲覧は、メンバーに限定されています。
メンバー登録がお済みの方は、ログインしてください。

関連記事

  1. Linux8Weeks01-01 Linuxサーバーにリモートログイン…

  2. Linux8Weeks02-04 Webサーバー Apacheのインス…

  3. Linux8Weeks01-03 ディレクトリやファイルの権限

  4. Linux8Weeks02-02 SSHの待ち受けポート番号を変更

  5. Linux8Weeks03-02 Apacheソース版の起動

  6. Linux8Weeks04-01 MariaDBのインストール