Linux8Weeks02-05 コンパイルするための準備

前の講座でお伝えしたように、ガチンコ.su塾では用途によって、パッケージ版とソース版を使い分けます。

そのため、プログラムソースを実行形式に変換するためのコンパイラが必要となります。

弟子1
なんだか難しそうですね...

塾長
確かに... いやいや、そんなことないですよ。
ちょっとだけ手間はかかるけど、難しくはないので安心してください。

ソースコードをコンパイルしてインストールするので、ちょっとだけ手間がかかるのですが、こんなメリットがあります。

  • 機能を明確に知ることができる
  • 使用する機能のみを有効にしてインストールできる
  • 最新のバージョンを試すことができる
  • パッケージのメンテナンス終了に怯えることがない
  • OSの世代やLinuxディストリビューションが異なっても移行が簡単

Apacheなど、ダウンロードできるソースコードの多くはC言語というプログラム言語で書かれているので、C言語をサーバー内で実行できる形式に変換するだけです。

インストールするまでの工程で、OSの種類やバージョン、システムに依存する箇所をチェックしてくれるので、側から見ると難しいことをやっているように見えますが、凄く簡単なんです。

今回の講座は、サーバーに基本的な開発ツールをインストールしていきます。

このページの閲覧は、メンバーに限定されています。
メンバー登録がお済みの方は、ログインしてください。

関連記事

  1. Linux8Weeks03-05 ApacheバーチャルホストのSSL…

  2. Linux8Weeks02-04 Webサーバー Apacheのインス…

  3. Linux8Weeks03-04 Apacheのバーチャルホスト設定

  4. Linux8Weeks03-02 Apacheソース版の起動

  5. Linux8Weeks01-02 Linuxのディレクトリを学ぶ

  6. Linux8Weeks01-04 インターネットの名前解決の仕組み