Linux8Weeks02-02 SSHの待ち受けポート番号を変更

標準のSSHサーバーのポートは22番を使っています。サーバーサイドエンジニアであれば誰もが知っていることで、攻撃する側も当然知っています。

弟子1
そもそもポート番号の意味が分かっていません。

塾長
「サーバーが家」だとしたら、「ポート番号は扉」とイメージしたらいいと思います。

弟子1
家の入り口ということですか?

塾長
そうですね。厳密に言うと出入り口なんですが、扉って家にもいくつかありますよね。サーバーの場合、SSHは22番の扉、Webは80番と443番の扉というように予め決められていて、それぞれの役割が異なります。

弟子1
あっ、そっか!SSHはサーバーの中に入れるけど、Webページは見たり書き込んだりするだけですね。

塾長
だから攻撃者は22番が開いているサーバーを見つけて、絶えずログインできないか試しています。

今回の講座では、SSHサーバーの待ち受けるポート番号を変更して、扉を見つけにくくしようという内容になっています。

このページの閲覧は、メンバーに限定されています。
メンバー登録がお済みの方は、ログインしてください。

関連記事

  1. Linux8Weeks01-05 標準エディタでファイル編集

  2. Linux8Weeks03-04 Apacheのバーチャルホスト設定

  3. Linux8Weeks01-01 Linuxサーバーにリモートログイン…

  4. Linux8Weeks01-04 インターネットの名前解決の仕組み

  5. Linux8Weeks03-03 Apache2.4ソース版の設定

  6. Linux8Weeks03-05 ApacheバーチャルホストのSSL…