Linux8Weeks01-03 ディレクトリやファイルの権限

塾長
前回はカレントディレトリを変更する方法を学びました。
弟子1
絶対パスと相対パスで変更する方法を覚えました。
塾長
ディレクトリの名前や/rootと/の区別も大丈夫ですか?
弟子1
はい、大丈夫です。
塾長
OK!今回はパーミッションについて説明します。
弟子1
パーミッションって何のことですか?

 

Linux上の全てのファイルやディレクトリには、誰が所有しているファイルなのか、そして誰が読み書きできて実行できるのか権限が割り振られています。これらの権限のことをパーミッションと言います。

塾長
すでに学習したコマンドでパーミッションを表示することができます。
弟子1
えーと、lsですか?
塾長
そう! ls -laやllで表示することができますね。

 

今回の動画では、表示されたパーミッションの表現方法と意味について学んでいきます。

このページの閲覧は、メンバーに限定されています。
メンバー登録がお済みの方は、ログインしてください。

関連記事

  1. Linux8Weeks02-02 SSHの待ち受けポート番号を変更

  2. Linux8Weeks03-02 Apacheソース版の起動

  3. Linux8Weeks01-02 Linuxのディレクトリを学ぶ

  4. Linux8Weeks02-01 最低限行っておくべきアクセス制限

  5. Linux8Weeks02-03 rootでSSHログインすることを禁…

  6. Linux8Weeks03-04 Apacheのバーチャルホスト設定