Linuxを極めるならコマンドよりも〇〇が先だ!!

長らくLinuxでサーバー構築のノウハウを教えていると、どこで挫折しやすいのか分かります。

Neo隊長はLinuxエンジニアの採用担当もしていたことから、経験の浅い人を面接する時には次のことを必ず聞いていました。

vi(Vim)は使えますか?

この質問に対しての答え方で、その人のエンジニアとしてのスキルが分かります。

Vimを使うことができれば楽にサーバー構築できる

  • Linuxをインストールしたことがあります。
  • コマンドを知っています。

というよりも、

Vim使えます。

と言える人の方が期待感は高いです。

コマンドなんて打っていればすぐに覚えられるし、Linuxをインストールすることも昔ほど難しくありません。

それらができたとしても、設定ファイルを編集し意図した動きをするサーバーを構築する上で欠かせないVimを使えないとなれば、

本気でサーバーエンジニアになろうと思ってる?

と思ってしまう訳です。

早くVimを使えるようになりたいと思ったあなたは、こちらでトレーニング!!

テキストを編集する時、エディタに必要な要素や機能を意識したことはありますか?

ここで日常どのようにエディタを使っているのか考えてみましょう。

おそらくあなたは、文字を入力したい場所にマウスでカーソルを合わせ、キーボードで文字を入力ということを意識することなく行っていると思います。

デバイスによって機能を切り分け

多くの人はマウスはカーソル移動に使い、キーボードは文字入力として使っています。

  • マウス:カーソル移動
  • キーボード:文字入力

他にもエディタには文字の検索や置換、文字のコピーに貼り付けや保存といった機能をツールバーやショートカットキーから呼び出すことができます。

Vimはキーボードのみで操作できる

Vimが他のエディタと違うのは、キーボードのみでテキストエディタが有する機能を使えるところです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。