DNSを切り替える前に新しいサーバーの動作チェックをする方法

新しいレンタルサーバーを借りて、今使っているサーバーから新しいサーバーにデータを移した。

でもちょっと待てよ、新しいレンタルサーバーでブログがちゃんと表示できているか動作チェックするにはどうすればいいの?

なかには「表示されている"はず"だから大丈夫」とエイヤでDNSを切り替えてしまう人もいるかもしれませんね。

いえ、実は何人もそういう人を見てきて助けを求められることもあります。

DNSのTTLを理解していれば、すぐに切り戻しできるのでいいのですが...


やっぱり事前に動作確認できている方がいいですよね。

この記事は、ブラウザのChromeを使って新しいサーバーにアクセスする方法について動画を交えて紹介します。

 

レンタルサーバーの引っ越しする時に役に立つLiveHosts

 

LiveHosts Chromeの拡張機能

Web系のエンジニアだったら間違いなくダウンロードしているのがLiveHostsという拡張機能。

chrome ウェブストアからダウンロードできるので、すぐにレンタルサーバーの切り替えをしなくてもダウンロードしておくといいでしょう。

Firefox版LiveHosts

LiveHostsはFirefox版もていきょうされています。

Firefoxを使っている人は、こちらからダウンロードできます。

chrome ウェブストアでlivehostsと入力してダウンロード

レンタルサーバーの乗り換え時に役に立つLivehostsはChromeとFirefoxの拡張機能。MacやPCのhostsを編集しなくてもタブ単位で新旧Webサイトの見比べができます。

chrome ウェブストアでlivehostsを検索して、「Chromeに追加」ボタンをクリック。

ポップアップ画面の「拡張機能を追加」をクリックし、ChromeにLiveHostsに組み込む。

LiveHostsでDNS切り替え前に新サーバーをチェック

LiveHostsの便利なところは、DNSを新しいサーバーのIPアドレスに切り替えなくてもChromeで新サーバーの内容を閲覧できるところです。

ブログなどを新しいレンタルサーバーに引っ越ししたことがある人はよく分かると思いますが、DNSの設定やhostsファイルを書き換えなくても引っ越し先の確認ができる、これめちゃくちゃ便利なことなんです。

hostsファイルってなに?

と思ったかたもいらっしゃると思うので、hostsファイルについては後ほど書きます。

 

LiveHostsの使い方

LiveHostsをダウンロードするとChromeメニューにLiveHostsのアイコンが表示されます。

Hostnameにあなたのブログのホスト名(FQDN)、IPに新しいレンタルサーバーのIPアドレスを入力してAddボタンをクリック。

This tabにすれば新旧の見比べに便利

All tabsのチェックを外してSaveボタンをクリックすれば、現在のタブだけ新しいレンタルサーバーにアクセスできるようになります。

アドレスバーには新サーバーのIPアドレスが付加

Chromeのアドレスバーには、ブログのホスト名の前に新しいサーバーのIPアドレスが付加された形でURLが表示。

WordPressのダッシュボード表示が苦手

LiveHosts(バージョン1.1.4)経由でWordPressのダッシュボードにアクセスすると内部的な処理がうまく行かずにNot Foundになることがあります。

新旧サーバーの見比べだけであればLiveHostsは重宝します。

でも新サーバーのWordPressダッシュボードで作業をする場合は、MacやPCのhostsファイルに新サーバーのIPアドレスとホスト名を記述してアクセスするのが好ましいと思います。

 

hostsファイルの役割

PCがホスト名からIPアドレスの名前解決をする時、最初に参照するのがhostsファイルであることはあまり知られていません。

でもWebページの公開前やリニューアル、サーバーの引っ越し時に動作確認をする際には無くてはならない存在なのがhostsファイルなんです。

この図のように左下のPCは、まずハードディスク内のhostsファイルにホストに関しての記述がないか確認をします。

記述があれば、その情報を基にサーバーにアクセスし、無ければPCに設定されているDNSサーバー(フルサービスリゾルバやキャッシュDNSサーバーと呼ばれる)に問い合わせを開始。

hostsファイルの時と同様、フルサービスリゾルバにホスト情報のキャッシュがあれば名前解決の問い合わせはそこで終了し、無ければ結果が得られるまで再帰的に検索。

こうして名前解決の流れを見ていくと、DNSサーバーって結構大変な仕事を担っていることが理解できると思います。だからDNSサーバーに設定するTTLにまで意識を向けた方がいいんですね。

 

hostsファイルの記述例

hostsファイルには、IPアドレスとホスト名を記述します。

IPアドレス         ホスト名
133.130.89.76  www.dejavuz.com

hostsファイルの場所

MacやWindowsにもhostsファイルがあります。

Mac /private/etc/hosts
Windows C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

 

hostsファイルの編集方法

LiveHostsはWeb閲覧用の簡易的な確認ツールですが、hostsファイルに情報を追記することによってDNSから得られた情報でアクセスした時と何ら変わりのない状態でアクセスすることができます。

hostsファイルの編集は、MacもWindowsでも管理者権限が必要です。

Macでhostsファイルを編集

まずはFinderを開いて、以下の流れで編集します。

  1. command⌘ + shift + g をタイプ
  2. フォルダの場所を入力: /private/etc を入力して移動ボタンをクリック
  3. hキーをタイプしてhで始まるファイル名にショートカット
  4. hostsファイルをデスクトップにコピー
  5. デスクトップにコピーしたhostsファイルを編集
  6. デスクトップのhostsファイルを/private/etc/hosts に上書き保存

 

viエディターで編集

「vi使えるよ」という人はhostsファイルの事を書く必要は無いと思いますが、念のため書いておきます。

$ sudo vi /etc/hosts
Password:

パスワードには、Macにログインする時のパスワードを入力して編集します。

Windowsでhostsファイルを編集

Windowsではメモ帳を使って編集するのが一般的です。管理者権限が必要なので、メモ帳のアイコンを右クリックして「管理者として実行」で起動。

メモ帳が起動し、hostsファイルに新サーバーのIPアドレスとホスト名を追記して保存すれば引っ越し先のレンタルサーバーをブラウザで閲覧することができるようになります。

 

DNS切り替え後の処理

DNSを切り替え、レンタルサーバーの引っ越しが終わったら、hostsファイルに記述した行を削除するか、先頭に#を追記してコメントアウトするかのどちらかをしましょう。

DNSの変更確認

DNSレコードのIPアドレス(VALUE)を変更して設定を反映させた後、引っ越し先のIPアドレスに変わったのか確認する方法があります。

Macをお使いであればターミナル、Windowsであればコマンドプロンプトを使います。

Macはdigコマンド

アプリケーション → ユーティリティ → ターミナルを起動して、フルサービスリゾルバ(キャッシュDNSサーバー)からドメイン情報を引き出すコマンド、digを使います。

dig ホスト名

とタイプします。ホスト名は、あなたのホスト名+ドメイン名(FQDN)を入力します。

 

Windowsはnslookupコマンド

コマンドプロンプトを起動して、nslookupコマンドを使います。

nslookup -debug ホスト名

nslookup ホスト名だけでもIPアドレスを確認することはできますが、-debugを付加することによってTTLを含む詳細情報を表示することができます。

手元にWindowsが無いので、Macでnslookupを実行したものですいません。

TTLは86400

また、レンタルサーバーの引っ越し後、サーバーが順調に稼働しているようでしたらTTLの値は86400(1日)に変更することをおすすめします。

関連記事

  1. ドメイン取得後、お名前.comのDNSサービスを利用する方法

  2. TTLの値を小さくしてDNS伝搬を短縮する方法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA